MISSION

事業内容

事業内容について

教員研修会の開催

本研修会は柔道整復師養成施設等の教員又は教員資格所有者を対象として、研究発表等を行うことにより相互に研鑽し資質の向上を図るものであり毎年度実施している。

制度委員会 研修会

会員養成施設の要望に応じ、法令の改正、生徒募集、生徒指導など種々の研修会を開催している。

優秀卒業生の表彰

優秀卒業生は、文武両道の精神を高揚し学術並びに技術の習得に精励した会員校の学生に対し、毎年度学校協会賞の「表彰盾」を贈呈して表彰している。

教科書の作成・教材の開発

時代に即した柔道整復師の養成に必要な知識と技術を確保するため、教育に使用する教科書の監修・編集・改訂を行なっている。

専科教員認定講習会の開催

本講習会は、柔道整復師養成施設指定規則に基づく厚生労働大臣の指定する講習会である。受講資格は、柔道整復師の免許を取得してから3年以上実務に従事した者である。

入学者構成・卒業生進路状況アンケートの実施

毎年、養成施設の入学者の構成に関するアンケート調査及び5年毎、卒業生の進路状況をアンケート調査し、その動向や傾向を分析し、生徒募集戦略の参考にして頂くことを目的に公表している。

会員校名簿の発行

毎年、会員校の基本情報について掲載した名簿を発行している。

広報誌、リーフレット「柔道整復師の世界」、「卒業生のキャリア」の発行

広報誌については、会報を季刊(年4回)で発行し、会員校はもとより、関係団体、行政機関等に配布し、さらに全国の高等学校及び短大、大学並びに全国の公共職業安定所に対して、柔道整復師の啓発を目的とするリーフレットを作成している。
また、柔道整復師のキャリア形成をイメージできるよう「卒業生のキャリア」を作成している。

柔道整復師の世界(PDF)

「柔道整復師 臨床(地)実習ガイドライン」の発行

実際の現場での学びを通し、養成施設での学習では修得し得ない医療者としての態度を身につけ、患者を正しく理解して、柔道整復術に対するニーズを把握し、柔道整復師がどうあるべきかを考察するとともに、臨床における実践的能力及び保険の仕組の知識を修得し、医療人としての責任と自覚を養うことを目的とする。外部での臨床実習における教育の指針である。

柔道整復師 臨床(地)実習ガイドライン(PDF)

学校運営改善等助成事業の実施

現在特別委員会として助成事業検討等委員会が設置されており、学校運営改善等助成事業として平成22年度は会員校に対し教育設備・機器整備費、教員研修会発表のための研究費、広報活動費等に助成を実施し、さらに平成23年度からは全国の柔道整復師養成学校等を対象に教員研修会発表のための研究費の助成を開始している。

臨床実習指導者講習会事業助成

柔道整復師臨床実習の質の向上を図るため、会員校が開催主管として、臨床実習指導者講習会を開催する場合、事業の助成を行う。(予算の範囲内とする。)